るもい旬情報[11月]

るもい旬情報
  

 秋が早足で過ぎていくこの季節、るもい管内の各家庭では、冬支度が慌ただしくすすめられます。自家用車のタイヤを冬用のタイヤに交換するのも、ちょうどこの頃です。
 冬囲いといって庭の植木や花などを、雪や寒さから守るために板材やむしろなどで囲ったり、植替えをしたり、海岸沿いの住宅では、冬の強風などを避けるため、砦のように板塀を立てるところもあります。
 寒風にさらして、漬物用に大根などを干すのもこの頃。それぞれの家庭ならではの味のにしん漬けがこれからの楽しみです。

寒い季節に一杯
 

 最北の酒蔵、国稀酒造では11月から12月にかけて、搾りたての新酒が並びます。
 今年仕込んだ新酒が絞られると、店の入口に青々とした酒林(さかばやし)が掛け替えられます。酒林は杉の穂を丸い球状に束ねたもので、造り酒屋の軒に下げて新酒ができたことを知らせるものです。酒屋の看板のように思われていますが、古くからの風習で酒の神様に感謝を捧げる意味もあったと云われています。
 今年の酒を味見するなら、やはりつまみは欠かせませんね。お勝手屋萌の今年のギフトカタログには日本酒と相性のいい商品が紹介されています。海辺の土地の酒と海のつまみで自分にごほうび、いかがですか。「お疲れさま」と言いながら、ゆっくり盃を傾けてください。

>>るもいfan国稀特集ページ


家族や親戚の集まる頃に
 

 11月の声を聞くと、そろそろお歳暮の準備にかからなければと悩んだりしませんか。そんな時は、お勝手屋萌のギフト「るもいのギフト」をご参考に。
 お正月には遠くの家族や親戚もやってくるハレの日の食卓を彩るあれこれを、このギフトカタログから選んでみませんか。お正月のごちそうに外せない一品がきっと見つかりますよ。師走の慌ただしくなる前に正月の準備に取りかかれたら、気持ちに余裕ができるかもしれませんね。

 
このページの先頭へ